ひきこもり訪問支援 ぱすてる

カウンセリングとひきこもり支援、日々の思いを気ままに綴っています。

対面カウンセリング再開&料金改訂のお知らせ

この10月1日から、対面カウンセリングを久々に再開することにしました。

また、オンライン・カウンセリングについては料金を見直し、値下げすることにしました。

 

対面については、ひきこもり支援の活動においてはすでに対面での面談はおこなっていたのですが、以前カフェでおこなっていたカウンセリングは、コロナウイルスの感染予防のためにずっと休止していました。

今回の緊急事態宣言の解除を受けて、正式に対面でのセッション再開に踏み切りました。

場所は、しばらくは豊島区・池袋駅近くの静かなカフェを予定しています。

最近はレンタルスペースも増えてきているので、カウンセリングに適した個室の部屋が見つかったら、場所を替えるかもしれませんが。

カウンセリングは、クライアントと身近に向き合い、その仕草や表情、身振りにじかに触れて波動を感じることで、クライアントへの理解をより深めることが出来ます。

対面カウンセリングがカウンセリングの基本であることに異論はありませんが、ただ現状ではマスクを着用することが前提になるので、お互いの表情が見えづらいのは、非常にやりにくさも感じます。

その点、オンラインにはマスクを必要としない良さがあることに気づきました。

f:id:salon-pastel:20211001221803j:image

オンライン・カウンセリングの長所は、場所、地域を問わず、遠方の方ともつながることが出来ること、移動時間がないこと、そして顔を出すのが苦手だったり、対面恐怖を感じている方でもカウンセリングを利用しやすいことでしょう。

今までずっと、対面とオンラインの料金を同じにしていたのですが、この対面再開を機に、オンラインは値下げをすることにしました。

オンラインにも長所があるとはいえ、クライアントをより理解するための環境は対面には劣り、音楽を機器で聴くのと生で聴くのとでは値段が変わるように、カウンセリングも対面よりは価格を下げようと判断しました。

ただカウンセリングは、オンラインでも対面でも、どちらもライブであることに変わりはないのですが。

 

そしてこれが一番重要なことですが、オンラインであれ対面であれ、カウンセラーのクライアントに対する態度、姿勢、カウンセリングの質はまったく変わらず、差などあってはいけないということです。

ただ、今回オンラインを値下げすることで、学生の方や病気で仕事に就けない方、生活保護を利用している方が、より利用しやすくなってくれたら、という思いがあります。

カウンセリングをより多くの方に身近に活用してもらうために、この秋も活動していきます。

 

カウンセリングサロンぱすてる

傾聴カウンセラー 喜々津博樹

https://www.salon-pastel.net/