ひきこもり訪問支援 ぱすてる

カウンセリングサロンぱすてるのブログ

希死念慮と向き合う〜体験記のご紹介・第3回

カウンセリングの体験記。今回、文章をお寄せくださったのは、神奈川県にお住まいの大学生、なみきさんです。

なみきさんが綴ってくれた、ご自身の体験記をここにご紹介いたします。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

ぱすてるさんのカウンセリングをお願いしたときはどん底の状態でした。

その頃は、「死にたい」という気持ちと「 死にたくないけどこのままじゃだめだ」という気持ちがありなんとかしないとと思いながら精神科医・ 病院を調べていました。そして病院検索も1段落した頃、ある精神科に行ってみたのですが話を聞かれ薬を出されるのも含めて約30分で終わり、病院を出たときに「薬で治すしかないのか、少しぐらい親身になって話を聞いて理解してくれてもいいのに」と寂しくなったのを覚えています。
また、うつの症状上悪い方向に考えてしまうのか「薬」を前にして「自分はこんなもの(抗うつ薬)を飲まなければならなくなってしまったのか」と自分を責めてしまい医者に行ったことは却って逆効果になってしまいました。

 

そんなころ、twitterで「死にたい」と打ちながら見つけたのがこのカウンセリングサロンぱすてるさんでした。そのtwitterをスクロールしていったその時あるツイートが目に入りました。

「未成年だから、カウンセリングの応対は気安くタメ口で… なんてのはもっての外で、1人の人間として尊重しながら、敬語でかかわっています。(@pastel_salon 2020/3/3 tweetより)」

このツイートを見てこの人なら目上目下関係なく一人の人間として尊重してくれて死にたい気持ちも否定せず話を聞いてくれるのではないかと思い連絡を取りました。

 そしてカウンセリング当日池袋のカフェでお会いし今まで事を含めあったこと洗いざらい大泣きしながら、しばらく話せなくなりながらも話しました。その間ぱすてるさんは優しい眼差しで僕の話を遮ることなく親身になって聞いてくれ、

泣き出したときにはそっとポケットティッシュを差し出してくれ( そのポケットティッシュの残りは今でも大事に取ってあります)、 カウンセリングをしていただきました。 その時は本当にこんなに否定せず話を聞いてくれる人がいるのかとびっくり半分、気持ちが少し楽になったなぁという気持ち半分でした。

 

 その後、気持ちの上下を重ねながら何回かカウンセリングをしていただき、 気持ちが下がったときには持ち上げていただき別のところで良い精神科医も見つかりなんとかやっていたある日、
突然辛い死にたいという気持ちが襲ってきてしまい、 自殺未遂をしてしまい病院へ運ばれました。 症状は最悪で今でも色々な医者の方に助かったのが奇跡だと言われるほどの状態でした。そして精神科医の先生に連絡が行き、
このまま放っておいたら自殺をしてしまうということで救急病院退院後精神科へ入院することになりました。

 その精神科に入院した当日ぱすてるさんに連絡を取りました。「 自殺未遂をしてしまった」と。 正直怒られるのではないかと思っていました。
せっかくカウンセリングをしていただいたのに自殺未遂をしてしまうなんて見せる顔が正直ありませんでした。しかし、ぱすてるさんはただ優しく、

「とてもつらい気持ちになって、 自殺未遂をしてしまったのですね…
いのちが助かって、本当によかったと思います。
つらい時は遠慮せずに、いつでも連絡してくださいね。
××さんを見守っております。(原文一部改変)」

と返信してくださいました。 このときほど本気で泣いたことはありませんでした。 たとえどんな事があっても話を聞いて寄り添い見守ってくれる人がいるのかと。

 

 そして治療も進み、 薬も合い効果が出始めたころぱすてるさんからある心理カウンセラ ーの学ぶことを教えていただきました。それは「自己一致」 というものです。
もし詳しく知りたい方がいらっしゃればぱすてるさんに直接聞いていただくのがいいのかと思われますが、 簡単に言うと自分の今の気持ちをしっかり理解するあるいは第三者的に見るといったものです。
例えば辛いときは第三者的な視点から見てみて「 あー今自分は辛いんだ じゃあこういうふうにしてみたらやってみたらいいんじゃないかな 」と考えてみたりすることができるようになりました。
辛いときはただ辛い辛いだけではなく冷静に第三者的に自分なりの対処法を考えられるようになり、今ではもちろん薬の力もありますが徐々に楽になり希死念慮はさっぱり消えもちろん辛くなるときもありますが
概ね楽しく生きることが出来るようになりました。 この場をお借りしてぱすてるさん(喜々津さん) 本当にありがとうございます。

 最後に2行上でも書いたとおり時々まだ落ち込んでしまい辛くなることがあるのでカウンセリングを今もお願いさせていただいたりするのですが、 カウンセリングはぱすてるさんがよくtwitterでおっしゃっている通り、
辛くなったあとだけでなくメンタルの予防としても効果があると教えていただいたのでそういった様に僕もお願いしたりもしていますので今つらいことがなくても一度ぜひぱすてるサロンを利用してみてください。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

なみきさん、体験記をお寄せくださり、ありがとうございました。

ぱすてるのカウンセリング体験記は、ご本人の承諾をいただき、原文をそのまま掲載しております。

 

カウンセリングサロンぱすてる

傾聴カウンセラー 喜々津博樹

https://www.salon-pastel.net/

f:id:salon-pastel:20200922140932j:image